作りました

DTPソフトでの「情報誌作り」

地元での「情報誌」作り、気がつけば10年目。細かい修正が納品日のギリギリまである事も多く、徹夜した日も…おかげでDTPソフトに慣れさせていただきました。ソフトのバージョンアップを 10からCCまで と7段階を経験できたので、今しっかりと仕事に役立っています、感謝 々!ついに1月号で卒業させていただく事になりました♪「手描きPOPの訴求力」に光が当たっている昨今、これからも初心に帰ってアナログ&デジタルの融合に力を入れていきたいと思います。ご相談・ご依頼・セミナーへの問い合わせ等、お待ちしております。

mb156_1

mb156_2

作りました

即興でPOPを作るのは楽しいね。2

 2点目は「ミニ骨壷」用POPの制作。時間が無いので、ゆっくりと考えてるヒマはない。しかしながら、こんな商品を扱うのはもちろん、初めて。経験など活きそうに無い。他の参加者も戸惑い気味。ともかく、身内のお骨が入っていている夫か親の骨壷を前に、いつものように、生前の朝の習慣であったハーブティを入れて、語り合う・・・というシーンとした。今後このような商品が増えてゆくだろう。墓も仏壇も無い人達が増えている現状を思えば、自然の流れだと思う。我が家も例にもれず・・・かも知れない。

作りました

即興でPOPを作るのは楽しいね。1

コトPOPセミナーを受けました。久し振りの人とも会えます。それも楽しみの一つ。課題は「キリンフリー」売り場担当者が商品の登場する“シーン”を具体的に記述したコトPOPを作る・・・ことを仮定してのレッスンだ。“モノ”でなく“コト”から購買心理(特に女性心理を意識する)につなげる事がコンセプト。数十分の制作時間内は売り場担当者になる。 さぁスタート!コトPOPになってるだろうか・・・?

作りました

「手作りポスター」を作りたい方、参考にどうぞ!

作り方は意外と簡単です。パーツごとに分けて作るので、作業の場所も狭くて大丈夫。しかも短時間でできます。やってみようかと思われた方、いますぐ、台紙とカラーケント紙を買いに行って作っちゃいましょう!100均の店にはけっこう、掘り出し物も見つかるかも。

何よりも、ボランティアには“安価で早くできる”がテーマです。表示物はとても大事です。遠くからでも目立つように作られた『手作り』が一番です。募金活動にもご活用くださいね。ホームページの「お問合せ欄」からメールを下されば、詳しい作り方をお伝えいたします。

ホームページ:https://teruterupop.sharepoint.com/

作りました

即興で”手書きPOP”作成!!2

携帯で撮ったので 画質を修正したけど これが限界のようですぅ。
 
さきほどの課題に続き、これは 関西に店舗を繰り広げる”●ムコ”さんの店舗にある、ゲーム機《●●●キャチャー》のガラス面に取り付けるPOP。
 
広い店舗の中に、多くのゲーム台が賑やかに配置されているわけだが、中に入っている商品が、その店舗独自のものである・・・というアピールが必要な台があるとのこと。・・・でそのPOPを作成するというもの。
 
そこで、多くの店舗で使える汎用性を考え、敢えてお客様に大人気の商品名は避け、次のキャッチフレーズ
【チャレンジしないと 今日の 夢 に出るほど 後悔するヨ】と軽いノリで感情に訴えた。
ターゲットは 若い世代、若いファミリー層。アイキャッチャーには 必死で伝えようとするカワイイテイストのイラストを添えた。
・・・というコンセプトです。 
これも実際の店舗で使用いただくことになったが、結果がどういう数字で表れるか、これも楽しみです
 
 
作りました

即興で”手書きPOP”作成!!1

 
今年の「手書きPOP向上委員会」も大盛況、ほとんどの人が募集と同時に申し込んでおられるので、常連の方々も見受けられる。
主催者である山口先生の人気も急上昇中!現場で必要な”POPとは何?”を理解できる画期的なセミナーだと思います。
 
《お客様目線で作られていない 今の現状では売上UPはとても見込めないのでは?》と危機感を抱いている関係者の方々が多いからでしょう。
・・・今回の課題は二つ。まず最初は【チョコレート】 商品をいただきながらのPOP作成です。(さすが外国製のチョコはボリューミィ・・・甘い~)
 
●問題点は”販売店でなかなか売上を伸ばせない”こと。
 そこで、作成に当たっての私のコンセプトは「組み合わせ を提案する。」「イメージがすぐ浮かぶ具体的なコメントを添える。」としました。
いずれも先生の今までのセミナーで教えていただいた事です。なので、このPOPのポイントは印の内容となります。
 
上のPOP・・・このコクのある甘さのチョコには、この組み合わせがピッタリ!
下のPOP・・・ナッツの香ばしさとフルーツのジューシーさが、赤ワインの風味をひきたてます!      ・・・と添えました。
実際に米軍キャンプの販売店で商品に取り付けることとなったが、before and after の売上の違いは、
後日連絡いただけるそうです。結果が楽しみですね
作りました

初秋号です。

今月号では、葡萄のイラストを作ってタイトルに添えました。音楽
今回は自然保護の活動を継続している「櫻守の会(さくらもりのかい)」を取り上げました。Messenger
 ここに入会しているある女性は「山登りや現場での作業はちょっとしんどい時があるけど、爽やかな充実感はなんとも言えない。日常生活のモヤモヤが消えたみたい。」と言われてましたね。自然のパワーで癒されるのかも知れないなぁ。スマイル